【手作り】 【活動風景】
  レザークラフト 小学校での活動(ポケットの会)
  洋裁・編み物 図書館活動(ポケットの会)
図書館活動(パタパタママ)
 子供と楽しむ手作り品 社会福祉協議会ボランティア
   (おはなし どりぃむ)



【手作り】
〜レザークラフト〜

革には色んな種類と性質があり、レザークラフトの技法も色々あります。

20年以上前に病気で手術をし、その療養時期に、親戚のお姉さんに、革に彫刻をほどこす「レザーカービング」の技法を教えてもらって、その魅力にはまりました。



レザーカービング」は、スポンジなどで革に湿り気を与え、図案を鉄筆などで写し「スーベルカッター(写真一番上)」というカッターでカットします。

そのカット線にそって刻印を使って模様を浮き上がらせ、染色します。

染色せずに仕上げた革は、時がたつにつれ日光に焼けてアメ色になり、革本来の自然な味わいが出たりもします。

仕立ても、手縫い、革ひも(革レース)でのかがりなどがあります。


ありがたいことに作った作品を購入してくださる方がいたり、注文して下さる方がいたので、未熟さをカバーするため「丁寧に仕上げる」ことだけを心掛け、たくさんの作品を夢中で作りました。


手術後の回復期! 心の「強〜い味方」となってくれた有り難い物作りの一つです。


みんな手元を離れてしまい、残っているのは自分が使っているわずかしかありませんが、大切に使っています。

今は染料や染色機が、パネルシアター作りなどで大活躍しています。

革は色あせたら染色しなおしたり、縫いなおし、かがりなおしで、生き返りますのですごいです!!

又、少しずつ作品を作っていきたいと思います。



マークがついている写真はクリックすると拡大写真が表示されます。
【いま自分で大切に使っているバッグです( ^^)】
拡大 拡大 拡大
【干支&星座キーホルダー】
半端の革でキーホルダーを作って、たくさんの人にプレゼントしてきました。

生まれ年の干支・星座・「夢」と「愛」の刻印のどちらか・・の組み合わせの“世界に一つだけ”のキーホルダーです。

ちっちゃなものだけど、ていねいに仕上げてありますので、長く使ってくれてる人がいるといいなぁ〜と勝手に思っています。





〜洋裁・編み物〜




【おばあちゃんの形見のミシン】
祖母は長年、着物の仕立ての仕事をしていました。田畑で働く母の代わりに私の子守をしながら、仕立て仕事の合間に、私の洋服を縫ったり編んだりしてくれました。大人になってからの着物も全て祖母が縫ってくれました。


一枚の布や一本の糸が形になっていくのを見ているワクワク感!


地元安曇野が舞台のNHK朝の連続小説「おひさま」が終わり、今(平成23年10月〜)「カーネーション」が始まっています。主人公がミシンの虜になっていく様子をみて、小さな時の事を思い出しました。


祖母の仕事は手縫いの着物の仕立てでしたが、我が家にはずいぶん早い頃からミシンがありました。子供の頃、祖母が着物仕立ての合間に、私の洋服を縫ってくれている時は、ミシンのそばから離れず本当にワクワクしながら、出来上がっていくのを見続けていたのを思い出しました。

そんな祖母の影響で、私も自分の洋服を見よう見まねで縫ったり編んだりするようになっていました。

作ってもらうのを、ただ待っているワクワク感ではなく、コツコツ、コツコツ、一針一針作り上げ、出来上がった時の大きな喜びと、そのものに対する愛おしさ。その思いに出会う為に今までいろいろ作り続けてきました。


基礎をしっかり習ったわけではないのに、子供達の入学式や卒業式用のスーツなどにも何度か挑戦し、悪戦苦闘しながら作り上げたことも思い出されます。


出来上がった時や着た時の喜びはとても大きなもので、高額な既製品のスーツを纏うに値するものでした。体型もどんどんかわり、増加体重もなんとか2桁手前をキープ?状態ですので、大切にしていた手作りの洋服も流行遅れに関係なく、どんどん手離れていって、ホームページ用になんとか着れそうなのを記念撮影してみました。



老眼で目の状態も衰えてきていますが、これからも直線縫いや簡単にできる洋服作りで、ミシンとも付き合っていきたいです。


【主人のセーター】
※主人の体型は変わっていません<(`^´)>
拡大 拡大 拡大


【私の編み物と洋服】 ×12
拡大 拡大 拡大
拡大 拡大 拡大
拡大 拡大 拡大
     拡大       拡大       拡大 
【もんぺ】
近頃は、活動に必要な「もんぺ」を手作りしました。 既製品だと、ピチピチできついので、必要に迫られての久しぶりのミシンでした。


夏用と少し厚めの布地で作りました。久しぶりに肩こりこりでしたが、やっぱり出来上がった時の喜びと着ている時の喜びは格別です。
拡大  拡大  拡大  拡大

このページのトップに戻る




〜子供と楽しむ手作り品〜

作るのが楽しくて、子供達の笑顔を思い浮かべながら色々作っています。

マークがついている写真はクリックすると拡大写真が表示されます。


拡大

【こぶたぬきつねこ@】(♪)

フェルト人形。裏にマジックテープがついているので、エプロンシアターにも使えます。

手遊び歌「こぶたぬきつねこ♪」「パンダ・うさぎ・コアラ」で大活躍。

小さいお友達も、よく知ってる手遊びなので、お母さんと一緒に真似してくれま〜す。


【こぶたぬきつねこA】(♪)

人形の裏に凸マジックテープがついているので、凹マジックテープのついた割りばしつけて、箱の中から出てくるように作ってみました。


かくれていて出てくるのが、子供たちはだ〜い好き!





拡大 【さんびきやぎの ガラガラドン】

手袋人形作りのワークショップで作った「三匹のやぎとガラガラドン!」

指を入れて遊べます。

木や岩や草のセットを作って、ミニミニ人形劇で楽しめそうですが、セットはまだ作ってありませ〜ん。


拡大

拡大
【こぶたぬきつねこ】〜パペット〜

このパペットには「こぶた」「たぬき」「きつね」「ねこ」の4つの顔がついています。

こぶたの顔の裏はねこ。たぬきの顔の裏はきつね。顔をひっくり返すと、あっというまに変身!変身!

ブンちゃんショー(荒木文子さん)の時に、キットが私の友達のところで売り切れ!幸か不幸か私は買えませんでした。


友達がブンちゃんから作り方の説明をしてもらっているのを、許可もらって写真撮影。


家に帰って材料探したら黄色と茶色の布あり!顔用のフェルトあり!裏布あり!動く目玉あり!材料全部あり!ラッキーでした〜!






拡大 【うさぎのミミちゃん】人形劇人形

タオルでできてるミミちゃんです。お洗濯OK!


耳がピコピコして、子供たちの人気者です。


ミミちゃんのポケットは不思議なポケット!いろんなものが出てきます。
拡大 【くまのクータン】人形劇人形

はちみつ大好きクータンもタオルでできているので、ジャブジャブお洗濯OKです。


ミミちゃん、あずみちゃんと大の仲良し
拡大 【あずみちゃん】人形劇人形

安曇野生まれの「あずみちゃん」です。


こういう人形はじめて作ったので、顔の表情で悪戦苦闘!何とかイメージに近い表情になりました。


動物の人形などと違って、人間の人形ってリアルで不思議な感じがするのかわかりませんが、時々こわがっちゃう子供がいるので、あずみちゃんの登場の時は、ちょっと気になっちゃいます。
拡大 【きつねちゃん】〜人形劇人形〜
松本市の人形劇グループに張り子の人形を教えて頂いて、はじめて作りました。
布で体や洋服作るのは慣れていますが、和紙を何枚も何枚も貼りつけて顔と手を作る「張り子」の手法は大変でした。

出来上がった人形を使って、絵本「ともだちほしいなオオカミくん」の人形劇をやりました。セリフ覚えがきつかった〜!

オオカミに気づいて「キャー こわい!」と言って逃げる、私のきつねちゃんの方がオオカミくんより顔も体もすごく大きくて、こわそうじゃなかったかも???
拡大 【5人の家族】指人形
親指とうさん・人差し指かあさん・中指にいさん・薬指ねえさん・小指あかちゃん。

♪「この指パパ ふとっちょパパ・・・」、♪「親指とうさんこんにちは・・・」などの歌を歌ったり会話をしながら手にはめて遊びます。

息子たちが小さかった頃のTシャツとか、私の洋裁のハギレとか、長い間ねむっていたもので作ったのでなつかしいです。
拡大 【赤ちゃん 黄色ちゃん 緑ちゃん】手袋人形

赤ちゃん・黄色ちゃん・緑ちゃん。


子供の頃、はめていた手袋で簡単に作った人形!

その作り方で顔に綿を入れ、毛糸の髪の毛と目、鼻をつけました。

【うさぎちゃん&カエルちゃん】手袋人形

カラー軍手の指の先に綿をつめて、首を毛糸でしばり、手を入れます。


いろんな場面に登場して、小ちゃいけど人気者です。

【お花&キラキラ星】手袋人形

カラー軍手手袋で作った、かわいいお花と、お星さま。
いろんな場面で使えるので便利です。
拡大 【めんどり&ひよこ】手袋人形

めんどりさんが卵を産みました。

やがてかわいい5羽のひよこが生まれました。

卵は、手袋じゃなくて、白い布で作りましたが、型崩れした卵型になっちゃいました〜。
拡大 【春の箱】(♪)フェルト人形

箱の中に春がねむっています。

春の歌を歌うと春が目をさまします。

みんなで「チューリップ♪」や「ちょうちょ♪」などを歌って春の箱をつくっていきます。


【カメの一族】

発砲スチロールのカップの大・中・小にフェルトを貼ってカメの一族を作りました。

100円ショップのフェルトは大きくて、値段だけあって?とても薄いので貼りやすかったです。


「もしもしカメよ♪」、「親ガメの背中に子ガメをのせて・・・♪」などで遊びます。
【スポンジがえる】

台所のスポンジとカラー手袋で作ったカエルくんたちです。

指を入れて、いろんな動きができて、楽しく踊ります。

横広のスポンジのカエルくんは手を大きく広げないといけないので、ちょっと指がキツ〜イ!!
拡大 【かたつむり】

かたつむりの巻きに、ハンドタオルの耳の部分を利用して作ってみました。

下からひとさし指を入れて動かします。

雨の季節に大活躍!
【ジャンケン森のおばけ達】 ちいさな舞台で演じる手袋人形シアターです。

グー(グルリン)・パー(パラリン)・チョキ(チョロリン)のおばけたちと、キツネのバケタンのお話です。


ジャンケン森に迷いこんだきつねのバケタンが、おばけたちをやっつけます。
【キツネとぶどう】〜イソップ〜
手袋のキツネとフェルトのブドウ。

おなかをすかせたキツネが、ぶどうをみつけました。でも高くて届きません。

「あのブドウは、まだ青いからとてもすっぱくて食べられないさ、とらなくて良かった」と負け惜しみを言って帰って行きました。
みじか〜いお話です。
拡大 【青虫くんおひっこし】ミニシアター♪
毛糸のポンポンで青虫くんを作りました。

♪「の〜んびり青虫 おひっこ・・・」歌に合わせて青虫くんがおひっこしします。

ひっこし先で青虫くんは長〜い眠りについて、春になると・・・あ!青虫くんはきれいな、ちょうちょになりました〜。

ちょうちょは障子紙で作ったらけっこういい動きをします。
「野菜がたいへん!」
手袋にフェルトの野菜をマジックテープでくっつけて、ピーペーパーのお布団をかけます。

「野菜が大変カゼひいた♪」の楽しい歌に合わせて大根(コンコン!)・白菜(ハークション!)・レンコン(コンコン!)・ごぼう(ゴボゴボ!)・人参(ジンジン!)・小松菜(こ〜まったな!)

子供達も一緒に、コンコン、ハークション!
カゼひいた時は、お布団でねるのが一番!お大事に。
【雨ふりくまの子】(♪)
フェルトのお魚を貼りつけた輪になった帯。

茶色のカラー軍手にフェルトの顔をつけたくまの子ちゃん。

フェルトの大きな葉っぱと小さな葉っぱ。

「雨ふりくまの子♪」の歌を歌いながら、たすきがけした小川を動かして、お魚少しみせたり隠したりして、かわいいくまの子ちゃんを表現します。
拡大 【ひっくりかえる】(♪)
おたまじゃくしとカエルの口がつながっていて、おたまじゃくしはカエルの中に、カエルはおたまじゃくしの中に入ってしまいます。

♪「おたまじゃくしはカエルの子 なまずのまごではないわいな・・・」の歌でおたまじゃくしがカエルになります。

みんなの笑顔に出会えます。
息子の小さなときに着たTシャツの中にちょうどカエル色があったので、これまた懐かしい感じがします。


※「ひっくりかえる」を使って、子供達と楽しんでいる活動の音声を「動画&音声」の部屋にUPしてあります。






【めんどりとひよこ】

ガーゼのハンカチ2枚重ねに綿を入れて、めんどりの顔をつくり、黄色のタオルで作ったひよこちゃんの顔を反対につけました。




めんどりが「ひよこちゃ〜ん」と呼ぶと、ひよこちゃんが顔を出します。親子一緒に顔を出すと、ちょっとこわい??
拡大 【山の音楽家】(♪)手袋人形劇@

「山の音楽家」の人形劇のはじまり、はじまり!

♪@「わたしゃ音楽家 山の小リス じょうずに バイオリン ひいてみましょ きゅきゅ きゅっきゅっきゅ きゅきゅ きゅっきゅっきゅ いかがです」♪

発砲スチロール球に、人さし指の入る穴をあけ、カラー軍手をかぶせて顔をつくりました。

しっぽとバイオリンをつけたカラー軍手の人さし指を入れて、リスさん完成!!
(※うさぎちゃん、小鳥ちゃん、たぬきくんも同じ作り方です。)
拡大 【山の音楽家】(♪)手袋人形劇A

♪A「わたしゃ音楽家 山のうさぎ じょうずに ピアノをひいてみましょ ぽぽ ぽろんぽろんぽろん ぽぽ ぽろんぽろんぽろん いかがです」


発砲スチロールにフェルトを貼って作ったピアノ。うさぎちゃん上手にひきます。
拡大 「山の音楽家」(♪)手袋人形劇B


♪B「わたしゃ音楽家 山のことり じょうずにフルートふいてみましょ ピピ ピピピ ピピ ピピピ いかがです」


ストローにアルミホイルをまきつけ、画びょうをさしたフルート。ことりちゃんも 上手にふきますよ。
拡大 【山の音楽家】(♪)手袋人形劇C


♪C「わたしゃ音楽家 山のたぬき じょうずにたいこをたたいてみましょ ポコ ポンポンポン ポコ ポンポンポン いかがです」

つまようじが入って売られているプラスチック容器を、適当な幅に切って、綿をつめてフェルトを貼り、アルミホイルをまいたつまようじをつけたタイコ。マッチ棒でできたバチをつけた中指でポコポコ、リズムよくタイコをたたきます。
拡大

拡大
【山の音楽家】(♪)手袋人形劇D


♪D「ぼくたちゃ音楽家 山の仲間 じょうずに そろえて ひいてみましょ たた たんたんたん たた たんたんたん いかがです」


みんなの演奏に合わせて3匹のこだぬきたちが口をパクパクさせて歌います。


サランラップの芯に、口がパクパクあくように切り込みを入れてフェルトを貼り、頭のうしろに針金をつけて、下にひっぱると口がパクパクするように作ってみました。


みんなで大きな口を開けて、元気よく歌います。
拡大 【お花が笑った】(♪)フェルト人形
フェルトで作った草のかげから、お花が顔を出します。

「チューリップ♪」「お花が笑った♪」の歌でお花が次々いろんなところから顔を出します。

「あっち」「こっち」と顔を出すたびに、子供たちの目がくりくり!それがかわいくて、いろんなところから出ちゃいます。ちょうちょも飛んできます。
拡大 【小鳥の親子@】手袋人形

♪「小鳥はとっても歌が好き 母さん呼ぶのも歌で呼ぶ ピピピピピ チチチチチ ピチクリピ!」


5羽のヒナドリたちはお母さんがえさを運んできてくれるまで、仲良く待っていますよ。

拡大 【小鳥の親子A】

お父さんも帰ってきました。

小鳥達はおなかがいっぱいになって、もうおねむの時間です。

巣の中で仲良く「おやすみなさい」
【手袋しましょ】(♪)
♪「手袋しましょ ひらいて パンパン! むすんで トントン! 何になる ラーリラリ ラーリラリ うさぎさんになっちゃった」

3人いないとできないので、お手伝いしてもらえる時にやります。

うさぎさん、かにさん、最後は3人合わせて「怪獣」になっちゃいます。



拡大 【かお・顔・どんな顔?】
泣いた顔・おこった顔・困った顔・びっくりした顔・笑った顔・目がまわる〜顔。

洗えるフェルトでできています。
裏にマジックテープがついているので、エプロンシアターができます。

♪「笑ったかおは どんな顔・・・」歌いながらみんなでおんなじ顔して楽しみます。最後はやっぱり笑った顔がいいかなぁ〜!!
拡大 【サイコロ アップップ】
大きなサイコロを作って、とりはずし自由でいろんな顔がつけられる様に作りました。

サイコロふって出た顔とおんなじ顔をみ〜んながします!

サイコロの中には、ビニールテープやスーパーの紙袋やすずなど、色んな物を入れて作ったので、ガサガサ!リンリン!楽しい音が聞こえてきます。
【5匹のこぶた】(♪)手袋人形
ピンクのカラー軍手で、5匹のこぶたちゃんを作りました。
ぶたのパペットは100円ショップで!!
極太のあまり毛糸でザクザク編んだ帽子。
♪「誰かが忘れた帽子! こぶたがみつけたよ 一匹入ってブー! 二匹入ってブーブー!・・・」次々入っちゃいます
♪「一匹出てきブー! 2匹でてきてブーブー!・・・」
次々出てきてお家へ帰って行きました。子供達、こぶたちゃんの数となき声の数が同じになってるかな?
拡大

拡大

【あひるはグワグワ】(♪)〜フランス民謡〜
フランス民謡、輪唱曲「フレール・ジャック」。いろんな動物が出てきます。ジェスチャーをつけて動物のなきまね遊びを楽しみます。なかない動物の「ん?」はジェスチャーを決めて楽しみます。動物はフェルト人形で作って、カラー手袋にはめてあります。

@♪「あひるはグワグワ、やぎメエメエ、ぶたくんブーブー、うしモーモー、 グワグワ・メエメエ・ブーブー・モウモウ」

    
A♪「おさるはキャッキャッ、ねこニャーニャー、きつねはコンコン、いぬワンワン、 キャッキャッ・ニャーニャー・コンコン・ワンワン」

B♪「カラスはカーカー、ペンギン ん?、すずめはチュンチュン、はとポッポ  カーカー・ん?・チュンチュン・ポッポ」 

C♪「ねずみはチュウチュウ、キリン ん?、かえるはケロッケロッ、らいおんグワー、 チュウチュウ・ん?・ケロッケロッ・グワー」」。
(ペンギンとキリンは、鳴き声がないので「ん?」)
拡大


【トンボ@】

息子の会社の同僚が、作り方を詳しく書いて、手作り赤トンボを貸してくれました。

さっそく赤・黄・青の大小トンボを作りました。









【トンボA】

♪「トンボのめがねは水色めがね、青いお空を飛んだから・・・」歌に合わせて、青い空とおてんとう様と夕焼け雲のペープサートも作って、秋に活躍しています。
【カラスくん】丈18p

「まいごのこねこちゃん」のミニ人形劇を作ろうと思いましたが、まいごのこねこちゃんと犬のおまわりさんが未完成で、カラスくんと、スズメちゃんが先にできてしまい、いまだ出番待ちです。

カラスくんも下のすずめちゃんもいい味でてるなぁ〜と、秘かに思ってます。
【すずめちゃん】丈17p

頭が茶きん絞りのフェルト人形のスズメちゃん。

「まいごのこねこちゃん」のミニ人形劇に登場予定のスズメちゃんですが、こねこちゃんがまだ未完成なので、カラスくんとともに出番待ちです。



【荒木文子さん(ぶんちゃん)】

子供の文化研究所所員。子供の文化学校講師。人形劇「コロン団」代表。紙芝居「ひょうしぎ」所属。

ぶんちゃんショーで全国へ。トコトコ人形考案者。

紙芝居作家でもあり「まんまるまんま たんたかたん」「ワニがめんどりを食べないわけ」など楽しい紙芝居があります。

子供の活動に関わっていなければ見ることがなかったであろう「文ちゃんショー」。そこで初めてパネルシアターに出会い、その楽しさに心が大きく揺れて、一気にとりこになってしまいました。手袋で作ってあり、指を入れてトコトコ歩く「トコトコ人形劇」を見て、ころげまわって笑う子供達の姿にふれ、私の体の中からも笑いがこみあげてきました。

近くに文ちゃんが来るとき「追っかけ」して思いっきり笑顔になっちゃいます。





ぶんちゃんが「トコトコ人形劇」で使っている人形。

足の部分に人さし指と中指入れてトコトコ歩きます。









ぶんちゃんのテンポの良い人形劇!!楽しいです。
ブンちゃんの手袋で作るトコトコ人形」の講座で、カメを作りました。前足に人さし指と中指入れて、トコトコ歩きます。

ユニット「スマイル」の相棒の直ちゃんはウサギ作ったので、いろんな動物作って「トコトコ人形劇」やろうね・・・という話になってますが、まだ先になりそうです。
【トコトコ&青虫】
フェルトで作った靴。指入れてトコトコ歩きます。小っちゃい子はトコトコするのを見ただけで楽しいんですね。うらやましぃ〜!

♪「トコトコトコちゃん 散歩して バナナふんじゃった ツルン! 川におっこちた ドボーン!」

トイクロスの布と毛糸で作った「青虫くん」。フェルトの葉っぱやくだものに丸い穴あけて「はらぺこ青虫」のお話できたらいいなと思っています。青虫くんは今、待機中です。

【お手玉@】
父親が畑で最後に作ったアズキが、一升瓶に一本ありました。煮て食べちゃうより残るもの・・・と思ってお手玉つくりました。何年かねむっていた、洋裁で残ったハギレを使って・・・。
お手玉の種類は色々ありますが、昔ながらの簡単に出来る、両端を縫って糸をしぼる「俵型お手玉」を作りました。10p×20pの布で(縫いしろ8o)アズキは40gくらいが大人の手にしっくりくる感じかな〜と思います。
子供達やおじいちゃん、おばあちゃん達も交代でお手玉の感触を楽しんでくれます。
【お手玉A】
父親が作ったアズキは終わってしまいましたが、私の七・五・三の時の着物があったので、それもお手玉にしました。しみだらけでしたが、きれいなところを選んで、けっこう作れました。まだ、あと十個くらいできそうです。

中に入れるアズキは熱湯をかけて、かわかしてから使うと虫にならないようです。

アズキの他に、ペレットも丸洗い出来るので便利です。何でも口にしちゃう赤ちゃんにも安心です。
【折り紙のコマ】
物づくり、だ〜い好きなのに、どういうわけか折り紙が大の苦手です。折り方の説明みても簡単なのでも、よくわかりません。
そんな私が、コマを教えてもらって持ち帰り、家で開いて折り直したら、結構複雑なのにできちゃいました。
すご〜くうれしくて、いっぱい折ってしまいました。
持ち手のところは、はずしてしまっておく事ができます。
みんなでコマまわし大会出来ます。くるくるよ〜くまわります。
拡大 【キャベツと青虫@】(♪)くるくる絵皿
みんなのよく知っている手遊びもできます。

三枚の紙皿の中央より上に切り込みを入れ、絵を描きます。

絵皿は上から、キャベツ→青虫→ちょうちょの順に重ねます

@♪「キャベツの中から青虫でたよ・・・」で2枚めの青虫君が出てきます。 キャベツの大好きな青虫くんが出てきました。

青虫くんはキャベツをたくさん食べて、お腹がいっぱい。そして長〜い眠りにつきます。


A長〜いねむりからさめた青虫くんは何かに変身しました。

とっても、とってもきれいな何かに変身しました。

青虫くんは、きれいなちょうちょになりました〜!!


【くるくる絵皿】


上から順に、ねむった顔、寝ぼけた顔、笑った顔の三枚を重ねる。(お皿は中心に穴が開いていて、上の部分に切り込みが入っています)。



「お花が笑った♪」の歌に合わせて、2枚目・3枚目の絵が順番に出てきて、ねむっているお花が、最後は笑います。
【くるくる紙皿】ねこと魚

骨の絵を下にして2枚のお皿を重ね、切ったところから下のお皿を少しずつ出していくと、あら不思議!お魚はネコさんが食べて骨になっちゃいました。
拡大 【くいしんぼうゴリラ】エプロン編

布にパネルシアター用のピーペーパーの顔や手足を貼って、口から食べ物が入るようになっています。

食べたものがセロハンで透き通るお腹に入ってきます。

「くいしんぼうゴリラ♪」の歌で、ゴリラ君いろんなもの食べて、どうなっちゃうのかなぁ〜?
拡大

くいしんぼうゴリラくん、いっぱい食べて、こんなに太っちゃいました。

エプロン編のゴリラとゴリラは頭がテープでつながっています。

「こーんなになっちゃった!」で、食後は背中の太ったゴリラくんが前にきます。
拡大 【誕生日おめでとう】
エプロンシアター。凸マジックテープがくっつく素材の「トイクロス」で黄色いエプロンを作ってあるので、フェルト人形(裏に凹マジックテープがつけてある)が、エプロンのどこにでもくっつきます。

♪「コロコロ卵は おりこうさん コロコロしてたら ひよこになっちゃった」

歌と手遊びしながら、白い卵から次々生まれてきます。最後は赤チェックの布が開くと、中にはクリスマスケーキ。みんなで「おめでとう!」と、ろうそく吹き消します。ローソクの炎は、取り外せます。
【きみのなまえ】
エプロンシアター。絵の裏にマジックテープがつけてあるので、エプロンのどこにでもくっつきます。

♪「いっちゃん いがつく いまなんじ? ごろちゃん ごがつく ごはんがたけた・・・」歌いながら、みんな登場!

子供達の名前(いのつく人、ごのつく人など・・・)や、かっている犬やねこの名前も聞いちゃいます。

拡大 【織姫と彦星のお話@】
7月7日、七夕祭りのお話のペープサートです。

はた織の上手な織姫と、牛を一生懸命育てる彦星は大王の許しをえて結婚しました。
でも二人は一緒にいられるのが嬉しくて毎日遊んでばかり・・・。

板にキリで穴をあけペープサートの絵が立つようになっています。大王が高いところに立つように、プラスチック版で工夫しました。
拡大 【織姫と彦星のお話A】
なまけてばかりいる二人を、大王は怒って引き離してしまいました。
でも心を入れ替えて一生懸命に働きだした二人!大王はそれを見て一年に一度だけ7月7日に会うことを許してくれました・・・。

布に星をいっぱい貼りつけた天の川は、サランラップの芯に巻きつけておいて、上からするする降りてくるようにしました。
かささぎが橋をかけてくれます。
【もしゃもしゃ】
福音館こどものともの絵本「もしゃもしゃ」が楽しかったので、絵本を参考に作ってみました。

針金で形づくり、ひたすら毛糸を巻きつけました〜。
もしゃもしゃの毛糸の中から赤が一本飛び出して、かにさんになっちゃいました。

みんな飛び出して遊んで、最後はまたもとのもしゃもしゃの毛糸に戻ります。
【こぶたのハミガキ】カップシアター
絵を紙コップに両面テープで貼りつけてあります。

ハミガキ嫌いなこぶたちゃんの上には、バイキンマンの紙コップが乗っちゃいます。

たいへん!たいへん!はやくハミガキしなくちゃ。
拡大 【さんびきのこぶた】カップシアター


オオカミくんや、わらや木やレンガの家のうしろにも紙コップをつけてあります。


【このしっぽだあれ?】
紙コップのうしろに書いてあるしっぽはだあれ?




【このしっぽだあれ?】
しっぽの書いてある紙コップをくるりとまわすと誰のしっぽだったか、わかりま〜す。

めんどりさんの紙コップの中には、ひよこちゃんとタマゴがかくれていて、めんどりさんが卵をあたためると、かわいいひよこちゃんが誕生します。
拡大 【くいしんぼう ゴリラ】カップ編
ゆかいな「くいしんぼうゴリラ♪」の歌で演じるカップ編です。
ゴリラの胴体は、特大コップ(ビール用?)に顔と手を貼りつけて、ゴリラくんの口から、紙コップの中に食べ物が入っちゃうようになっています。

食いしん坊ゴリラくん、なんでも食べちゃうので、食べられないものを幾つかまぜると、子供達が「食べちゃダメ―!」と教えてくれます。
【あひるの行列】(♪)
あひるの親子が列をつくって、よちよちお散歩します。

パネルシアター用のピーペーパーで絵人形をつくり、サランラップの芯にまきつけておいて、歌に合わせて、あひるのお母さんのあとから、ヒヨコたちがヨチヨチ出てきます
途中、鳥さんやチョウチョと「こんにちは!」。でも危険もいっぱい!
100円ショップの大型サイズのフェルトは薄いので、チョウなどは、ヒラヒラと結構いい動きするかな〜と思います。
【おばけなんてないさ】テーブルシアター
「おばけなんてないさ♪」の歌に合わせて、おばけを動かして遊んじゃいます。

おばけはひもでつるしてフワフワさせてもいいけど、これは中に手を入れて動かすようにしてあります。

冷蔵庫に入れられて、カチコチになった、おばけは上にサランラップをかぶせてあります。
【変身!変身!】
ドロロンパ!ドロロンパ!と次々変身します。

顔と胴、別々に描いて、ガーゼでつないであります。
前の動物の胴と、次にくる動物の顔をはり合わせていき、一つにします。

「こぶたぬきつねこ♪」の手遊びや、なき声あそび、変身あそびします。

【歯をみがきましょう】(♪)
♪「歯をみがきましょ シュッシュッシュ ブラシのたいそう オイッチニ オイッチ二・・・」歌に合わせて元気にハミガキ」

厚ボール紙に絵を書いて、歯ブラシつけた腕を割ピンでつけてあるので、ゴシゴシハミガキできます。

バイキンもびっくりして逃げ出しちゃいました。
【ともだちのうた】(♪)
大好きな新沢としひこさんのシアターです。

絵人形の手にマジックテープが貼ってあり、次々手をつないでいきます。
最後、子供達とも手をつなぎます。

少ない人数だったら、みんなで輪になってうたっちゃいます。
とっても楽しいシアターです。
【アニマルマラソン】くるくるシアター♪
新沢としひこさんの楽しい「くるくるシアター」です。

円盤をくるくるまわすと、次々動物たちが現れます。
「今日は動物村のマラソン大会です。レースはもう始まっています。
あ!ネズミ君が一生懸命走ってます。ネズミ君の前を走っているのは誰でしょうか・・・」

マラソンの実況中継をしているアナウンサーになっちゃいます。
【もうすぐ一年生】(♪)
新沢としひこさんのとってもかわいいシアターです。
きつねのしっぽや、魚のおびれ、鳥の羽、子供たちの手が割ピンでとめてあるので動きます。

心がほんわかするような歌です。

小鳥くんも、魚ちゃんも、キツネ君も、この間までちっちゃかったのに、もうすぐ一年生なんだね。あいちゃんといっちゃんも、この間までピーピー泣いてばかりいる赤ちゃんだったのに、もうすぐ一年生なんだね!




【秋 あき 赤くなれ】(♪)

新沢としひこさんのシアターをアレンジして紙芝居にしました。とっても小さな秋がかくれんぼしています。


葉っぱなど、それぞれ3枚ずつあるグラデーションを1枚ずつ引き抜いて、葉っぱやりんご、空が秋になっていく様子を、新沢としひこさんの、とっても素敵な歌と共に楽しみます。


3枚目の真っ赤になるとき、子供達に「チチンプイプイのプイ」など、おまじないをかけてもらったりすると、みんな真っ赤になります。



最後は真っ赤な空に、手作りのトンボも登場して、「夕やけ小やけ」や「赤とんぼ」などをみんなで歌います。
拡大 【くいしんぼう おばけのこ】(♪)
「くいしんぼうの おばけのこ♪」の歌に合わせて手遊びしたり歌って遊びます。
♪@「くいしんぼうの おばけのこ 夜中にこっそり出てきて しかくいものをつまみぐい なんだろうね なんだろうね こたえはチョコレート!」
♪A「まあるいものをつまみぐい すっぱ〜い こたえは梅干し」
♪B「むいてもむいてもかわばかり こたえは玉ネギ」
チョコレートと、梅干しと、玉ネギは、冷蔵庫から取り出せます。
【大きなおいも@】【誰の鼻?@】(♪)
両方ともペープサートです。
「大きなおいも」は折りたたんであって、呼ぶたびにおばあさん、孫・・・と次々出てきて「うんとこしょ どっこいしょ!」とおいもをひっぱります

子供達も、かけ声かけて一緒にひっぱってくれます。

「誰の鼻?」は表裏貼り合わせてあって、表は「目だけ、鼻だけ、足だけ、耳だけ」誰?誰?
【大きなおいもA】【誰の鼻?A】(♪)
「大きなおいも」は、最後ねずみちゃんが手伝ってくれて、やっとぬけました。
絵をひっくり返すと、なんと大きなおいもでしょう。みんな大喜びです。

「誰の鼻?」は、裏表貼りあわせてある絵をくるくるまわします。すると不思議!誰の鼻だったのか、誰の耳だったのか、わかっちゃいます。残像作用で答えがわかります。よ〜く見ててね!
拡大 【いない いない ばあ!@】ペープサート
表は「いない いない」、裏は「ばあ!」のペープサート。
たぬきさんが「いない いない ポンポコ!」
ねこさんが「いない いない ニャー!」
うさぎさんが「いない いない ピョン!」

子供達の大好きな手遊びや「いない いない ばあ」遊びができます。
拡大 【いない いない ばあ!A】ペープサート
表は「いない いない」、裏は「ばあ!」。

スズメちゃんが「いない いない チュン!」
犬さんが「いない いない ワン!」

みんなで「チュンチュン!ピョンピョン!ワンワン!ニャーニャー!ポンポコポン!」にぎやか!

表裏貼りあわせて、子供たちの大好きな「いない いない ばあ」のペープサートです。



【ウサギとカメ@】(♪)〜ペープサート〜











【ウサギとカメA】(♪)〜ペープサート〜
拡大 【大きな荷物@】ペープサート

「おはなしおばさん」こと藤田浩子さんの製作本より・・。

馬がやせていて荷物運べないおじさん→草が生えないので太れない馬→雨がふらないので生えない草→雲がこないのでふれない雨→風がふかないのでこれない雲→誰も歌ってくれないのでふけない風・・・と次々立てていきます。
拡大 【大きな荷物A】ペープサート
子供が歌を歌うと、その歌を聞いた風が元気よく吹き、その風にのって雲が・・・と、逆に次々絵をひっくりかえしていって、最後は太った馬に荷物をのせて、おじさんは帰って行きます。楽しいペープサートです。(絵は裏表貼り合せてあります)

とっても楽しいお話です。



【リスとどんぐり】

「おはなしおばさん」こと藤田浩子さんの製作本より・・・

紙芝居風にアレンジしました。

「リスはドングリを口に入れて、おうちに運びます」

1つ2つ3つ・・・これ以上はいりません。

おうちに帰ろうとしたとき、くしゃみが「はっくしょん!」。あ〜あ、またやり直し。


子供達の様子をみながら何度でもくりかえしできますし、お話も自由に変えられて、とっても楽しいです。
拡大拡大

拡大
【一年生になったら】(♪)


「一年生になったら♪」の歌を歌いながら、ペープサートと紙芝居のはじまり!




友達100人できるかな?ケント紙に書いた絵の裏にネル地を少し貼ってあるので、パネル版にくっつきます。いろんな友達がいっぱい!




歌の間に、いろんな思い出のお話も入ります。楽しかったことがたくさん!
拡大 【一年生になったら@】(♪)

歌の1番〜3番を紙芝居風にして、みんなで歌います。

♪「一年生になったら 一年生になったら 友達100人できるかな? 100人でたべたいな ふじ山の上で おにぎりを パックンパックン パックンと」
拡大 【一年生になったらA】(♪)


2番♪「・・・100人で かけたいな にっぽんじゅうを ひとまわり どっしん どっしん どっしんと」
拡大 【一年生になったらB】(♪)


3番♪「・・・100人で笑いたい せかいじゅうを ふるわせて わっはは わっはは わっはっは」
拡大 【クリスマス】手袋フェルト人形

手袋人形の子供達やお星さま、フェルト人形のサンタさん、厚紙に書いたトナカイが引っぱるソリ。

鈴の音が聞こえて、クリスマスのミニシアターの始まり、始まり!

クリスマスの歌や、星の歌が、いろいろ出てきます。
拡大 【サンタさん】フェルト人形

中に綿いっぱい入れて、フェルトで作ったサンタさん

アルミの針金で作ったメガネで、結構いい味が出ました!みんなの笑顔を誘います。

頭の後ろにリングをとりつけてあるので、指を入れて動かせます。100円ショップの木と一緒に記念写真!



このページのトップに戻る



【活動風景】


活動時、自分たちで写真を撮る余裕はほとんどありませんし、撮って頂いたのは、楽しんで頂いている子供達やお母さん達の顔もはっきりばかりで、活動風景写真はほんのわずかです。


個人活動
ユニット・スマイル の様子は[プロフィール&夢」の欄にもんぺの会 の様子は「紙芝居・語り・腹話術」の部屋の「語り」欄にわずかですが載せてあります。


ここではグループ活動の様子を、ほんの少しですがご覧ください。






〜小学校での活動(ポケットの会)〜

図書館所属グループ「ポケットの会」が、図書館お話会のほかに地元小学校で各学年、年間2時間ずつ頂いて、絵本の読み聞かせ、語りなどの活動をさせて頂いています。2クラスごと、3時間目までの活動です。


本は楽しい!!と少しでも思ってもらえるように・・・、絵本やお話を通じていろんな事に興味を持ち、それぞれの個性に合った世界が少しずつ広がっていくキッカケになってもらえれば・・・そんな思いを胸に、楽しみに待っていてくれる子供達との時間を大切にしています。


小学校は、3〜4人で活動!というケースが多く、メンバー一人一人の個性に合った演目が響きあって、たくさんの個性の子供達の心の中に入り込んでいく・・・と感じる活動の一つです。













〜図書館活動(ポケットの会)〜
月に一度(第2土曜日に)お話会を開いています。

     








〜図書館活動(パタパタママ)〜
年配から、子育て中の若いお母さんまで、幅広い年齢層のメンバーが、週一回、図書館の未就園児対象のお話会を一人ずつ交代で担当しています。


どのグループもそうですが、一人一人の個性って本当に楽しいな〜って思います。

写真は、図書館の「おはなしのへや」を飛び出して活動している時の様子です。











〜社会福祉協議会ボランティア「おはなし どりぃむ」〜
社会福祉協議会所属の絵本の読み聞かせボランティアグループ。

平成15年発足当時は「読み聞かせグループ」、現在はグループ名改め「おはなし どりぃむ」。

長い年月の在宅介護で、フラフラになりながら、生きがいを求めて足を踏み入れたボランティア活動!

このグループとの素敵な出会いが、私の今の全ての活動の原点です。

私を含め絵本の事など、ほとんど知らない年配?の人達の集まりで、月に2回の勉強会で励ましあい、楽しみながら、少しずつ絵本の事を覚えていきました。


平成23年現在、仕事などで少しずつメンバー交代しながらも、「無理をせず、自分の活動できる範囲で」・・の基本方針は、それぞれがしっかり保ち、自分達もしっかり楽しみながら、赤ちゃん、児童館の学童、養護施設、お年寄りのデイサービスなどに絵本や紙芝居を届けています。













このページのトップに戻る